男性ホルモン

身体の中から抜け毛の原因を取り除く

抜け毛の治療に関する研究は、日本国内だけではなく世界中で積極的に行われています。 昔から抜け毛の原因は後天的な食生活の偏りや心的なストレスだと解釈されてきました。 しかし、遺伝学や医療の技術が向上することによってこの原因の特定が間違えだったことがわかったのです。 多くの場合、特に男性の場合は抜け毛の原因は生まれた時のその人の遺伝的なホルモンバランスによって決定することがわかっています。 男性は、女性と比べて男性ホルモンが非常に多い生き物ですがこの男性ホルモンが抜け毛の原因を作っています。 そのため、治療を行うときには男性ホルモンを抑えるための治療をする事が現代では主流となっているのです。 薬を利用することもできるため、画期的な治療方法だと言えます。

より利用しやすい治療方法に改善する

抜け毛治療では、より利用しやすい治療方法に年々改良されている傾向があります。 そもそも、なぜ男性ホルモンを抑えることが抜け毛の治療に繋がるのでしょうか。 実は、抜け毛の原因となっている物質を作っているのが男性ホルモンそのものだからです。 男性ホルモンは、過剰に存在するとその中でDHTという物質を作ります。 この物質が抜け毛を進行させることがわかったため、薬でこの物質の生成を抑制することが求められているのです。 効果が早い人では、一年も薬を服用すれば約90%以上の抜け毛を抑えることも夢ではありません。 こうした治療方法は世界中で採用されている方法であるため、安全性と実績が桁違いなので安全に利用できるのです。